アイシングの初期治療・岐阜市の接骨院は交通事故・各種保険適用の岐阜【田原接骨鍼灸院】

岐阜市の接骨院は交通事故・各種保険適用の岐阜【田原接骨鍼灸院】

HOME > > アイシングの初期治療

アイシングの初期治療

★アイシングの初期治療
スポーツ障害、外傷(捻挫、肉離れ、打撲)の初期の治療方法をRICEといいます。
*RICEとは
(1)Rest(安静)
(2)Ice(冷却)
(3)Compression(圧迫)
(4)Elevation(挙上)
これらの頭文字をとったものです。
(1)Rest(安静)
ケガの原因となった運動、活動を即中止する。
すぐに安静を保つことにより、炎症をおさえ出血を最小限にくい止める。
(2)Ice(冷却)
患部を冷やすことにより痛みや腫れを抑える。
(3)Compression(圧迫)
アイシングと併用、またアイシングの後はパッド等
を入れ、弾力包帯で強めに圧迫する。物理的に止血し腫脹を抑える。
(4)Elevation(挙上)
圧迫を加えながら、心臓より高い位置に患部をおくことで血液やリンパの流れを抑制し熱や腫れをコントロールし痛みを緩和させる。
これらは「どれか一つでも欠けたらやらない」のではなく「できるものをする」という発想が必要です。

PageTop

メニュー

カテゴリ

当院概要

田原接骨鍼灸院

住所:〒502-0852
岐阜県岐阜市南蝉1-34

電話/FAX:058-294-0757

定休日



定休日は背景赤で表示。木曜日は午前のみの施術です。

おすすめサイト

新着記事



HOME - お知らせ - スタッフ紹介 - メルマガバックナンバー - 交通事故治療 - 患者様のよくある悩み - 患者様の声 - 施術・治療について - 自宅でのケア方法 - 転倒について - 骨について

当院概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - リンク集 - サイトマップ

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。