メルマガバックナンバー・岐阜市の接骨院は交通事故・各種保険適用の岐阜【田原接骨鍼灸院】

岐阜市の接骨院は交通事故・各種保険適用の岐阜【田原接骨鍼灸院】

HOME > メルマガバックナンバー

外傷性てんかんの治療

前回は外傷性てんかんの症状について紹介しました。
今回は外傷性てんかんの治療について紹介します。
外傷性てんかん 3
★治療
てんかんの治療としては、薬物療法(抗てんかん薬)が行われます。
抗てんかん薬は、てんかんを完全に治療することはできませんが、てんかん発作を起こりにくくすることができます。
抗てんかん薬は、医師の管理下における継続した服用が行われます。
次回から硬くなった体のストレッチ方法を紹介していきたいと思います。

外傷性てんかんの症状

前回は外傷性てんかんについて紹介しました。
今回は外傷性てんかんの症状について紹介します。
外傷性てんかん 2
★症状
外傷性てんかんの症状としては、意識障害、けいれんがあります。
脳外傷後、てんかん発作を起こす危険性が高いのは、脳挫傷や脳出血などの脳の損傷があったことが確認されている人、麻痺等の症状があきらかな人、昏睡が長く続いた人、受傷後早期にてんかん発作を起こした人などとされています。
次回は外傷性てんかんの治療について紹介いたします。

外傷性てんかんについて

前回は外傷性くも膜下出血の治療について紹介しました。
今回は外傷性てんかんについて紹介します。
外傷性てんかん 1
★外傷性てんかんとは
てんかんとは、意識障害、またはけいれん、あるいは両方が繰り返し起こることをいいます。
てんかんの大部分は原因不明とされていますが、交通事故で脳を損傷することによって、てんかん発作を起こすことがあります。
頭部外傷が原因でてんかんになったものは、外傷性てんかんと呼ばれています。
外傷性てんかんの定義は「外傷後一週間以降に生ずるてんかん」とされています。
外傷後から何年も経過してから発生する場合もあります。
次回は外傷性てんかんの症状について紹介いたします。

外傷性くも膜下出血の治療

前回は外傷性くも膜下出血の症状について紹介しました。
今回は外傷性くも膜下出血の治療について紹介します。
外傷性くも膜下出血 3
★治療
くも膜下出血は通常手術療法は行われません。
出血は自然に吸収されるからです。
そのかわり合併する脳挫傷によって頭蓋骨の内側の圧が上昇している場合は、そちらの治療が行われます。
まずは医師の診断を受けましょう。
次回は外傷性てんかんについて紹介いたします。

外傷性くも膜下出血の症状

前回は外傷性くも膜下出血について紹介しました。
今回は外傷性くも膜下出血の症状について紹介します。
外傷性くも膜下出血 2
★症状
激しい頭痛や嘔吐、意識障害が現れます。
また脳挫傷の症状の半身の麻痺、半身の感覚障害、言語障害、けいれんなどがみられることもあります。
重症の場合では急死することがあります。
次回は外傷性くも膜下出血の治療について紹介いたします。

外傷性くも膜下出血について

前回は脊髄損傷合併症の治療について紹介しました。
今回は外傷性くも膜下出血について紹介します。
外傷性くも膜下出血 1
★外傷性くも膜下出血とは
外傷性くも膜下出血とは、脳を包んでいる髄膜の3層のうち、硬膜の内側にある薄いくも膜と脳との間に出血が広がったものをいいます。
一般に知られているくも膜下出血は、脳動脈瘤の破裂による出血が原因のもので、ケガ・外傷が原因の場合は外傷性くも膜下出血と呼ばれます。
脳の表面に脳組織の挫滅・脳挫傷があり、そこからの出血がくも膜に広がってくも膜下出血になります。
次回は外傷性くも膜下出血の症状について紹介いたします。

脊髄損傷 合併症「褥瘡」の治療

前回は脊髄損傷 合併症「褥瘡」の症状について紹介しました。
今回は脊髄損傷 合併症「褥瘡」の治療について紹介します。
脊髄損傷 合併症「褥瘡」 3
★治療
進行度によって治療は変わります。
軽度の場合は病変部を毎日洗浄し、フィルムなどを使い湿潤を保ちます。
また炎症除去や皮膚局所の血行改善が行われます。
創に感染がある場合は、消毒が行わることがあります。
湿潤療法(消毒しない、乾かさない、水道水でよく洗うを3原則として行う慮法)も行われる場合もありますが、感染や壊死がある場合には、その管理を優先させます。
壊死してしまった筋肉や府骨は外科的切除されます。
次回は外傷性くも膜下出血について紹介いたします。

脊髄損傷 合併症「褥瘡」の症状

前回は脊髄損傷 合併症「褥瘡」について紹介しました。
今回は脊髄損傷 合併症「褥瘡」の症状について紹介します。
脊髄損傷 合併症「褥瘡」 2
★症状
褥瘡には進行度による分類があります。
1度 傷害が表皮にとどまっている状態です。
局所の発赤(紅斑)、表皮剥離(びらん)があります。
2度 傷害が真皮に及び、真皮までの皮膚欠損(皮膚潰瘍)が生じている状態です。
水泡が形成されることもあり、壊死組織の付着や細菌感染が生じやすいです。
3度 皮下組織に達する欠損が生じている状態です。
4度 筋肉や骨まで損傷された状態です。
骨が壊死して腐骨となったり、骨髄炎や敗血症を併発することもあります。
次回は脊髄損傷合併症の治療について紹介いたします。

脊髄損傷 合併症「褥瘡」について

前回は脊髄損傷合併症の治療について紹介しました。
今回はもう一つ脊髄損傷の合併症について紹介します。
脊髄損傷 合併症「褥瘡」 1
★褥瘡とは
褥瘡とは、身体と支持面(ベッドが多い)との接触局所に長期間圧迫がかかり、皮膚組織の循環障害が起こり皮膚や組織が壊死することをいいます。
一般的には床ずれとも呼ばれています。
脊髄損傷などによる神経麻痺等で、自力で身体を動かすことができず、長期間同じ姿勢で寝ていることにより起こります。
一度起こると、治りなくいばかりでなく、本人はたいへん苦痛を伴うことが多いです。
次回は脊髄損傷合併症の症状について紹介いたします。

脊髄損傷合併症の治療

前回は脊髄損傷合併症の症状について紹介しました。
今回は脊髄損傷合併症の治療について紹介します。
脊髄損傷 合併症「尿路感染症」 3
★治療
尿路感染症と診断され、特に発熱がみられる場合は血液検査で炎症反応を調べます。
そして原因の菌を調べます。
原因の菌を調べている間は、最も原因菌として多い「大腸菌」によく効く抗生剤を使用します。
原因菌がわかればその菌に効果のある抗生剤に変更します。
炎症反応が強い場合は、入院による抗生剤の投与が必要となります。
十分な量の水分をとり、尿をたくさんだすことで菌を流しだすことも大切です。
次回はもう一つ脊髄損傷の合併症について紹介いたします。


1 / 812345...最後 »

PageTop

メニュー

カテゴリ

当院概要

田原接骨鍼灸院

住所:〒502-0852
岐阜県岐阜市南蝉1-34

電話/FAX:058-294-0757

定休日



定休日は背景赤で表示。木曜日は午前のみの施術です。

おすすめサイト

新着記事



HOME - お知らせ - スタッフ紹介 - メルマガバックナンバー - 交通事故治療 - 患者様のよくある悩み - 患者様の声 - 施術・治療について - 自宅でのケア方法 - 転倒について - 骨について

当院概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - リンク集 - サイトマップ

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。