手首の使いすぎでイタタタッ!・岐阜市の接骨院は交通事故・各種保険適用の岐阜【田原接骨鍼灸院】

岐阜市の接骨院は交通事故・各種保険適用の岐阜【田原接骨鍼灸院】

HOME > > 手首の使いすぎでイタタタッ!

手首の使いすぎでイタタタッ!

本日、「手首が痛い」と訴えられる患者さんが来院されました。
この患者さんは、普段家事などで手首をよく使っていたようでした。
手首の使いすぎでよく起こる怪我として『腱鞘炎』というものがあります。腱鞘炎とは、腱鞘が炎症を起こして痛みを発生させるものをいいます。手首のほかに、指や足首、肩関節なども起こります。
筋肉は骨とは直接結合できません。そこでという繊維質の組織を介して骨と結合しています。腱鞘は、腱が関節をまたぐところで腱をトンネルのように包んで、腱が浮いてしまわないように押さえているものをいいます。腱を包む事によって腱の動きを滑らかにする為です。
使いすぎて、腱が腱鞘との摩擦により炎症を起こしているため、安静にすることが一番です。しかし、我慢して使い続けてしまうと『ばね指』など腱が肥厚して腱鞘に引っかかって動きが悪くなってしまうものもあるので注意してください。
今回の患者さんは『腱鞘炎』だったので、低周波治療で、炎症を抑え、痛みを和らげた後、痛みにより緊張してしまった筋肉を、手技により緩和しました。
炎症は使ってしまうと起こるので、痛めたばかりのうちは『安静』を心がけてください!
そして、治療を継続的に行い、早めの完治を目指しましょう!!
AT131_L.jpgのサムネール画像

PageTop

メニュー

カテゴリ

当院概要

田原接骨鍼灸院

住所:〒502-0852
岐阜県岐阜市南蝉1-34

電話/FAX:058-294-0757

定休日



定休日は背景赤で表示。木曜日は午前のみの施術です。

おすすめサイト

新着記事



HOME - お知らせ - スタッフ紹介 - メルマガバックナンバー - 交通事故治療 - 患者様のよくある悩み - 患者様の声 - 施術・治療について - 自宅でのケア方法 - 転倒について - 骨について

当院概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - リンク集 - サイトマップ

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。