友達に手を強く引っ張られた・・・。 肘内障の症状、治療。・岐阜市の接骨院は交通事故・各種保険適用の岐阜【田原接骨鍼灸院】

岐阜市の接骨院は交通事故・各種保険適用の岐阜【田原接骨鍼灸院】

HOME > > 友達に手を強く引っ張られた・・・。 肘内障の症状、治療。

友達に手を強く引っ張られた・・・。 肘内障の症状、治療。

GS126_L.jpg
うちの子供が肘を痛がっているのですが・・・。
 「友達に腕を強く引っ張られた。」「転んで手を着いたとき、肘を捻った。」「鉄棒をしていて肘を強く伸ばした。」などの動作で子供さんが肘を痛がっていたら『肘内障』になっていると考えられます。
 子供さんは突然泣き出し、痛めている肘を曲げることが出来ず腕をダラッとさせて全く動こうとしなくなるので、ご両親はビックリされるでしょう。
 この症状は2~4歳の幼児期に多く診られ、4歳未満の子供さんの肘関節は未発達なために肘を固定する靭帯(ゴムバンドのような役割)が緩くなっています。そして骨は靭帯から引っ張った、捻った、伸ばしたなどの衝撃を受けることで、抜けてしまうことがあります。その状態を肘内障と言います。
肘内障の処置としましては
 接骨院を受診してください。子供さんの腕を伸ばしたまま施術者は片方の手で肘を持ち、もう一方の手で手首を持って引き寄せながら子供さんの肘をゆっくり曲げていくといった方法で抜けてしまった肘の関節を元の位置へ戻します(整復)。コリッという音がすれば元に戻った合図、その場で痛みもなくなり普段通りに手を使うことが出来ます。処置自身も難しい治療をするわけではありませんのでご安心下さい。
しかし、処置が遅く時間が経ちすぎてしまうと骨が元の位置へ戻りにくくなったり、くせになってしまったりしますので、速やかに処置して下さい。
子供さんに多い肘のケガとしましては
肘の骨折(上腕骨顆上骨折、上腕骨外顆骨折)
肘の脱臼
 肘にに炎症、腫れ、内出血が酷く、変形が見られたら、肘内障よりも酷いケガをしていると考えられます。安易に判断せずに必ず接骨院又は整形外科を受診して下さい。

PageTop

メニュー

カテゴリ

当院概要

田原接骨鍼灸院

住所:〒502-0852
岐阜県岐阜市南蝉1-34

電話/FAX:058-294-0757

定休日



定休日は背景赤で表示。木曜日は午前のみの施術です。

おすすめサイト

新着記事



HOME - お知らせ - スタッフ紹介 - メルマガバックナンバー - 交通事故治療 - 患者様のよくある悩み - 患者様の声 - 施術・治療について - 自宅でのケア方法 - 転倒について - 骨について

当院概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - リンク集 - サイトマップ

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。