手先を使うと肘まで痛い・・・。それはテニス肘です。・岐阜市の接骨院は交通事故・各種保険適用の岐阜【田原接骨鍼灸院】

岐阜市の接骨院は交通事故・各種保険適用の岐阜【田原接骨鍼灸院】

HOME > > 手先を使うと肘まで痛い・・・。それはテニス肘です。

手先を使うと肘まで痛い・・・。それはテニス肘です。

CX089_L.jpg
手先を使っていたら肘まで痛くなった・・・。
 
 「手先の仕事をしていたら肘まで痛くなった。」「重たい荷物を持ち運びしていたら肘が張ってきた。」「テニスをしていたら肘が疲労して痛い。」
などの症状が現れてきたら、上腕骨外側上顆炎(テニス肘)が原因と考えられます。
 外側上顆炎とは、手や指を使いすぎると肘関節の外側の筋肉に痛みが現る症状です。別名はテニス肘と呼ばれるように、テニス時にバックハンドでボールを打つと手首を伸ばしたり反らしたりする筋肉が強い働きを強いられるため炎症を起こします。その他にも様々な動作で痛みを伴います。
痛みを伴う動作としましては
1、肘や手首を捻る動作をすると痛む。
2、手、指に力を入れて伸ばすと痛みが現れる。
3、ドアノブを回すとき(開閉)に痛む。
4、パソコン、事務職など手先をよく使う仕事をしている方。
5、炊事 (包丁を強く握る、重いやかんを持つ。)
6、洗濯 (洗濯物を絞ったり、掴んだり。)
治療法としましは
1、筋肉の使いすぎで起こる症状ですから、まずは安静。
2、炎症が起きていて痛みが伴うときは、冷やすと症状が落ち着きます。
3、テニス肘バンド、サポーターで圧迫固定します。
4、消炎鎮痛剤、痛み止めの注射(ステロイド注射)
以上の治療で治らない場合は
 筋肉切開、切除などの手術療法を行う場合もあります。
 
 上腕骨外側上顆炎を起こしても安静にしていれば痛みは和らぎ、自然に治ります。しかし痛みを我慢して肘に負担をかけ続けますと、指を少し動かすだけでも肘に痛みが現れるようになってしまいます。無理をせず休息しながら手を使いましょう。

PageTop

メニュー

カテゴリ

当院概要

田原接骨鍼灸院

住所:〒502-0852
岐阜県岐阜市南蝉1-34

電話/FAX:058-294-0757

定休日



定休日は背景赤で表示。木曜日は午前のみの施術です。

おすすめサイト

新着記事



HOME - お知らせ - スタッフ紹介 - メルマガバックナンバー - 交通事故治療 - 患者様のよくある悩み - 患者様の声 - 施術・治療について - 自宅でのケア方法 - 転倒について - 骨について

当院概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - リンク集 - サイトマップ

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。