肩が痛くて上がらない・・・・ それは五十肩です。・岐阜市の接骨院は交通事故・各種保険適用の岐阜【田原接骨鍼灸院】

岐阜市の接骨院は交通事故・各種保険適用の岐阜【田原接骨鍼灸院】

HOME > > 肩が痛くて上がらない・・・・ それは五十肩です。

肩が痛くて上がらない・・・・ それは五十肩です。

AT067_L.jpg
肩が痛くて上がらない・・・。
 「腕が上がらない。」「肩がズキズキ痛い。」「夜に肩が痛み出す。」などの症状が現れてきたら、五十肩(肩関節周囲炎)が原因と考えられます。
 
 五十肩とはその名前の通り50歳代以降に起こりやすくその病状は様々ですが、関節を構成している筋肉、腱、靭帯が加齢によって滑らかさを失って擦れ合ったり、くっついたり(癒着)して炎症が起きている状態です。
 主な症状としましては、①肩周辺の痛み ②肩の動きが制限される ことです。
①肩周辺の痛み・・・首の付け根から腕にかけて現れ、始めの頃は肩を回したり上げたりする動作で痛むだけです。しかし症状が悪くなると安静にしていても痛みが出て腕を思うように動かせなくなります。さらに悪化させてしまうと夜にズキズキ痛み、眠れなくなるほどの痛みになります。
②腕の動きが制限・・・腕を拡げたり、上げる動作のときに痛みが現れるだけですが、悪化してくると服を着たり、脱いだりする動作や髪を結う動作、後ろでひもを結ぶ動作などに痛みが出るようになります。
治療法としましては
急性期 (ズキズキと痛みが出始めたころ)
   肩周辺の炎症がひどく、どんな動作をしても痛みが強い時期です。
  
  1、安静・・・三角巾、吊り包帯  (動かさないようにする)
  2、冷却・・・冷シップ、氷  (炎症部を冷やす)
  3、お薬・・・消炎鎮痛剤の服用
  4、注射・・・ヒアルロン酸の注射  (関節の動きを良くする)
  5、鍼灸治療・・・患部への鍼治療は即効性に優れ、有効です。
  GS045_L.jpg
慢性期 (まだ重くダルいような鈍い痛みがあるとき)
   そのまま放っておくと痛みがいつまでも残ってしまうので治療しましょう。
 
1、温熱療法・・・温シップ 
2、リハビリテーション・・・肩関節運動、肩周辺の筋肉強化、拘縮予防
3、マッサージ・・・筋肉を軟らかくするマッサージ、肩の張りを緩めるストレッチ
4、物理療法・・・干渉波治療
鍼灸治療・・・鍼治療は肩の張りを取り除き、動きを良くします。
FR054_L.jpg
 五十肩(肩関節周囲炎)治るまでに長い期間かかります。少し良くなったところであきらめてそのまま放置して動かさないでいると、肩の動きが悪くなるばかりでなく動かなくなってしまうこともあります。
 老化のせいと諦めてしまわないで、頑張って治療して行きましょう。
 肩の痛みでお悩みの方、田原接骨鍼灸院へご相談下さい。

PageTop

メニュー

カテゴリ

当院概要

田原接骨鍼灸院

住所:〒502-0852
岐阜県岐阜市南蝉1-34

電話/FAX:058-294-0757

定休日



定休日は背景赤で表示。木曜日は午前のみの施術です。

おすすめサイト

新着記事



HOME - お知らせ - スタッフ紹介 - メルマガバックナンバー - 交通事故治療 - 患者様のよくある悩み - 患者様の声 - 施術・治療について - 自宅でのケア方法 - 転倒について - 骨について

当院概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - リンク集 - サイトマップ

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。