冷シップと温シップの貼り分け方は?・岐阜市の接骨院は交通事故・各種保険適用の岐阜【田原接骨鍼灸院】

岐阜市の接骨院は交通事故・各種保険適用の岐阜【田原接骨鍼灸院】

HOME > > 冷シップと温シップの貼り分け方は?

冷シップと温シップの貼り分け方は?

PICT0301.JPG
「腰痛にはどちらのシップを貼ればいいの?」 
と慢性的な腰痛で、週に3回ほどのペースでマッサージ鍼灸治療を受けて見える患者さんに質問を受けました。
 こちらの患者さんの場合・・・温シップ!
 当院では患者さんの症状にあわせて、温シップと冷シップを貼り分けています。
 温シップにはトウガラシエキスが含まれており、貼って数分経つとポカポカして温かくなってきます。各部のコリ、張り、こわばり、血行不良に効き目があり、1週間以上経過している慢性期で、炎症が治まっている部分に貼ってください。
日頃から痛む神経痛などに効果的です。
 冷シップにはメントールが含まれており、貼ったその場から冷たくひんやりしてきます。
各部の捻挫、打撲、筋肉痛、筋肉疲労に効き目があり、ケガをしてから1週間以内の急性期で、炎症が起こっているときに貼ってください。
腱鞘炎などに効果的です。
 どちらのシップも、目の周辺、皮膚以外、傷口、湿疹、かぶれている部分には貼らないで下さい。さらにシップを長時間貼りすぎてしまうとかゆみや発疹を起こしてしまいますので気をつけて貼るようにしましょう。
PICT0302.JPGのサムネール画像

シップに切り込みを入れると剥がれにくいですよ。


田原接骨鍼灸院にご相談下さい。

PageTop

メニュー

カテゴリ

当院概要

田原接骨鍼灸院

住所:〒502-0852
岐阜県岐阜市南蝉1-34

電話/FAX:058-294-0757

定休日



定休日は背景赤で表示。木曜日は午前のみの施術です。

おすすめサイト

新着記事



HOME - お知らせ - スタッフ紹介 - メルマガバックナンバー - 交通事故治療 - 患者様のよくある悩み - 患者様の声 - 施術・治療について - 自宅でのケア方法 - 転倒について - 骨について

当院概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - リンク集 - サイトマップ

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。