施術・治療について・岐阜市の接骨院は交通事故・各種保険適用の岐阜【田原接骨鍼灸院】

岐阜市の接骨院は交通事故・各種保険適用の岐阜【田原接骨鍼灸院】

HOME > 施術・治療について

花粉症の季節! ギックリ腰にご注意を。

FR165_L.jpgのサムネール画像
本日、腰が痛いと言って見える患者さんが来院されました。
こちらの患者さんは、毎年この季節になると花粉症になり、眼しょぼしょぼになったり、咳やくしゃみが頻繁に出るそうです。
昨日は快晴で風が強くふいていたため花粉がたくさん飛んでいたようで、立て続けにくしゃみをしていたら、腰がグキッと言い動けなくなってしまいました。ギックリ腰になってしまったのです。
当院では、手技療法を施した所、
「痛みが落ち着いた、くしゃみでギックリ腰だなんてねぇ?気をつけますわぁ。」
と喜んでいただけました。
 ギックリ腰は、炎症を取のに3日間、筋肉を回復させるのに5日、筋肉を強くするために7日間の二週間頑張って治療していただけますと、ほとんど痛みが消えるでしょう。
FR148_L.jpg
 腰の痛みでお悩みの方ぜひ田原接骨鍼灸院にご相談下さい。

杖を突く苦労は・・・・ かばう足の痛み。

AT043_L.jpg
本日、左側の足首が痛いと言って見える患者さんが来院されました。
こちらの患者さんの話しでは急に足が弱くなり出したそうです。
 現役時代は畜産業を営まれていて、毎日肉体を酷使して仕事をしていたため、特に右側の足は負担が掛かっていて痛みを起こしていました。現役を退く80歳代の頃に右側の足が悪化、をかばうため杖を突いて歩くようになったのですが、踏ん張っていた左側の足首が痛くなってしまったのです。
 当院では、炎症し痛みを起こしている左側の足首に電気を流す手技療法を施し、足首が動かないようテーピングを施した所、
「左側にも力が入るようになった、痛みが和らいだ」
と喜んでいただけました。
 治療は、炎症を抑えるのに3日間、筋肉を回復させるのに5日間、強い筋肉に再生させるために1週間の2週間頑張って治療していただきますと痛みはほとんど取れます。
 足の痛みでお悩みの方、田原接骨鍼灸院にご相談下さい。

右腕ののシビレの原因は・・・・

ISPO_014.GIF
本日、首から右側の腕に かけて痛いと言って見える患者さんが来院されました。
こちらの患者さんは実業団で柔道をされてみえる方です。今年の二月の大会に出場し、準決勝まできて相手の選手に大外刈りをくらってしまいました。その時に首を捻り、肩を強く打ち付けてしまった影響で、右側の腕がシビレて力が入らなくなってしまいました。
当院では、痛めている首から右側の腕にかけて電気を流す低周波治療を行ったあと、痛みとシビレをとる手技療法を行った所、痛みが和らいだとと言っていただけました。
しかし今月もまた大会があるためスッキリ治したいとの事でしたので、鍼灸治療を施したら、
「痛みがとれてシビレが和らいだ。今月の大会頑張れそうです」
と喜んでいただけました。
首から来る腕や肩の痛みやシビレでお悩みの方、ぜひ田原接骨鍼灸院にご相談下さい。

バスケットボール選手の疲労!

CX045_L.jpg
本日、左側のふくらはぎが痛いと言って見える患者さんが来院されました。
こちらの患者さんは高校二年生のバスケットボール選手。毎日練習は厳しく、ずいぶん疲労が溜まっていた様子。昨日の試合でフル出場し走りっぱなしだったため、軸足になる左側のふくらはぎを痛めてしまいました。
当院では、痛めている左側のふくはらぎを中心に体に優しい電気を流す鍼灸治療も行ったら、
「痛みがスッキリ取れた、走れるようになったよ」
と喜んでいただけました。急性の強い痛みには鍼灸治療が良く効きます。
CX047_L.jpg
足の痛みでお悩みの方、ぜひ田原接骨鍼灸院にご相談下さい。

腰から右足がビリビリ・・・・。 これは坐骨神経痛?

FR085_L.jpg
 本日、腰に痛みとシビレがあると言って見える患者さんが来院されました。
 こちらの患者は畳屋さんを営んで見える方です。大きく重たい畳を担いで運搬したり、前かがみの姿勢になって畳の設置や補修作業をしているため、腰に持続的な痛みがあったようです。
 そのため毎朝、腰痛が酷くならないようにラジオ体操とストレッチを行うそうですが、そのストレッチの最中に腰を強く捻ったら、腰から右側の足先にかけてビリッと電気が走ったような痛みが起こったため来院されました。
 当院では、マッサージを施した所、腰の張りと神経痛のだる重い痛みが楽になったと喜んでいただけました。
 このような腰の痛みは、シビレを取るのに1週間、腰の筋肉を回復させるために5日間、強い筋肉を作るために10日間、の3週間頑張って治療していただけますと、ずいぶん痛みが取れます。
FR109_L.jpg
腰の痛みでお悩みの方、ぜひご相談下さい。

膝に水が溜まっていて・・・・ クセになっているけど治るの?

AT046_L.jpg
「膝に水が溜まってしまって・・・。クセになっているからまた溜まるけど、治らないの?」
 膝の痛みから水が溜まり、当院を受診された患者さんに質問を受けました。
「水が溜まる」とはどんな状態なのかと言いますと、どの関節も骨と骨とが滑らかに動くように水(関節液)が適量満たしています。その水は関節の動きを良くするばかりでなく軟骨の栄養分やケガを治す作用もあります。
 
 しかし膝が炎症を起こしたり、軟骨がキズついたり、すり減ったりなど関節中の異変が起こると、滑膜はケガを治そうとしてより多くの水を出して袋に水がいっぱいになってしまっている事を「水が溜まる」状態です。
 水が溜まり過ぎてしまうと膝が腫れぼったくなり、ドーンとだるく重い感じで痛み、曲げ伸ばしが不自由になってきます。病院では「水を抜く」治療をしますが、その治療は膝のケガを治した事ではないのでまた水が溜まってしまうのです。クセになるのではなく、まだケガが治っていないと言うことです。
AT091_L.jpg
治療法としましては
1、サポーターや包帯で膝を固定し、関節に負担をかけないようにします。
2、炎症が治まってきたら、膝をしっかり温めましょう
3、痛みが和らいできたら無理をしない程度に散歩や運動を始めましょう。
 「膝に水が溜まる」と言う事は長年膝を使ってきた疲れの信号でもありますので時間をかけて治しましょう。注射や薬は一時的なものなので再発することも多いです。
 膝の痛みでお悩みの方、ぜひ田原接骨鍼灸院へご相談下さい。

膝の痛みを解消するには・・・ 治療の経過。

FR050_L.jpg
 本日、膝が痛いと言って見える患者さんが来院されました。
 こちらの患者さんは、後期高齢に差し掛かり散歩を始めるようになりました。散歩は体に良いと言われたので頑張っていて、毎日4~50分散歩いているそうです。
本日も散歩に出掛けようとしゃがんで靴を履いていたら膝の内側がキリッキリッと痛み出してきたのです。
 当院では、膝周辺の血行を促進するマッサージをしながら関節が動きやすくなるようにリハビリを施した所、痛みが落ち着いてスムーズに歩けるようになりました。
 治療の経過としましては、血行不良が改善すのに3日、筋肉を回復させるには5日、痛みのない筋肉に再生していくには7日の二週間を要します。
つい先日から毎日通院されている患者さんも10日を過ぎて、ずいぶん痛みが和らいだと喜んでいただけました。
FR054_L.jpg
 膝の痛みでお悩みの方、ぜひ田原接骨鍼灸院にご相談下さい。

ヘルパーさんの職業病・・・・ それはギックリ腰!

AT107_L.jpg
本日、腰が痛いと言って見える患者さんが来院されました。
こちらの患者さんは老人介護施設のヘルパーさん。毎日施設利用者様の介護に追われています。
トイレ、就寝、起床のお世話の時は中腰になるため、慢性の腰痛があったそうです。
昨日、大柄な男性の利用者様をお風呂に入れようとした時、グキッと腰を捻ってしまったのです。
ギックリ腰になってしまったのです。
当院では、ギックリ腰をスッキリさせました。
AT175_L.jpg
ギックリ腰の痛みでお悩みの方、ぜひ田原接骨鍼灸院にご相談下さい。

パソコン操作は首、肩の痛みの原因!

FQ076_L.jpg
本日、首から肩にかけて痛いと言って見える患者さんが来院されました。
こちらの患者さんは、今年に入り脳のトレーニングとインターネットの便利さを友達から聞き、パソコン教室通われるようになりました。
難しい半面、覚えてくると楽しくなってきて、毎日自宅でパソコン操作をするようになってからマウスを持つ右肩が痛くなったそうです。ある日、夜遅くまで手紙を作成していたら、首がズキッと痛みだし肩まで痛みが響いて来てしまったのです。
当院では、張り詰めている首から肩にかけて電気を通電する低周波治療を行なった後、張り詰めた筋肉を緩める手技療法を施したところ
「ゴリゴリしていた筋肉が和らいで痛みが落ち着いた。」
と喜んでいただけました。
 首から肩の痛みでお悩みの方、ぜひ田原接骨鍼灸院へご相談ください。

マラソンランナーの悩み・・・ 太ももとふくらはぎの痛み!

CX162_L.jpg 
 本日、両側の太ももからふくらはぎにかけて痛いと言って見える患者さんが来院されました。
こちらの患者さんは実業団で駅伝をやってみえるマラソンランナーです。
来月に大きな大会があるため、自主トレを始めたそうです。そして大会が近付き練習がハードになってきたため、太ももからふくらはぎにかけて疲労痛を起こしてしまったのです。
当院では、張り詰めている下半身全体に電気を流す手技療法を施したところ、疲れと痛みが和らいだと喜んでいただけました。
CX169_L.jpg
しかし疲労と痛みをスッキリさせたいとの要望でしたので、鍼灸治療を施したら
「痛みがとれて軽くなった。これで思いっきり走れます。」
と喜んで帰られました。
太ももやふくらはぎの痛みでお悩みの方、ぜひ田原接骨鍼灸院にご相談下さい。



PageTop

メニュー

カテゴリ

当院概要

田原接骨鍼灸院

住所:〒502-0852
岐阜県岐阜市南蝉1-34

電話/FAX:058-294-0757

定休日



定休日は背景赤で表示。木曜日は午前のみの施術です。

おすすめサイト

新着記事



HOME - お知らせ - スタッフ紹介 - メルマガバックナンバー - 交通事故治療 - 患者様のよくある悩み - 患者様の声 - 施術・治療について - 自宅でのケア方法 - 転倒について - 骨について

当院概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - リンク集 - サイトマップ

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。