肘の外側の痛み、我慢しないでご相談ください。・岐阜市の接骨院は交通事故・各種保険適用の岐阜【田原接骨鍼灸院】

岐阜市の接骨院は交通事故・各種保険適用の岐阜【田原接骨鍼灸院】

HOME > > 肘の外側の痛み、我慢しないでご相談ください。

肘の外側の痛み、我慢しないでご相談ください。

40歳代 女性

本日、肘に痛みを感じられる患者さんが来院されました。

硬いものを砕こうと力いっぱい腕を使っていたら痛くなってしまったようです。

なかなか肘を伸ばすことができず、痛みを我慢していたようですが、なかなか治らない為、インターネットで検索して来院されました。

病院にも通われたそうですが、「テニス肘」と診断され湿布を処方されただけで安静にするよう指導されたそうです。

「テニスはしてないのに、なんでテニス肘なんだろう?」と不思議に思われていました。

■テニス肘とは?
テニス肘とは「上腕骨外側上顆炎」のことをいいます。
テニスなどラケットを使うスポーツをしている方に多く発症するため、「テニス肘」といわれているのです。

一般的には、手作業の多い職業や、手首や肘をよく使われる主婦の方に多くみられます。

症状としては、物を掴んで持ち上げる動作やタオルをしぼる動作をしたときに、肘の外側から前腕にかけて痛みが出ます。

多くの場合、何もしていない安静時には痛みは発生しないとされています。

■なぜテニスをしていないのに「テニス肘」になるのか?
「テニス肘」の原因は、手首にかかる過度の負担です。
なぜ手首を使いすぎると肘が痛くのかというと、手首を動かす筋肉は肘の骨から手の骨にかけて伸びています。

手首を使いすぎると、その筋肉に負担が大きくかかり、肘の骨についている筋肉が炎症をおこしてしまうのです。

■テニス肘には手技療法が効果的
筋肉を使いすぎてしまうと筋肉が硬くなってしまいます。炎症を起こしていると痛みも伴うためさらに動きが悪くなってしまいます。
CX097_L
肘が赤くはれて熱を持っているときに患部の手技療法はかえって症状を悪化させてしまう可能性がありますが、周囲の筋肉を和らげることで、肘の動きは少しずつ改善します。

アイシングをしっかりし、炎症が治まってから患部への手技療法が効果的になるのです。

手技療法により筋肉の緊張を和らげることで、「テニス肘」の再発も防ぐことができるのです。

■施術の様子
当院では、肘周囲の炎症は電気療法で抑え、手技療法をメインで行いました。

痛みを我慢して毎日生活していたため、腕から手にかけて筋肉の緊張がみられたため、そこも和らげます。

そうすることで、他の筋肉の痛みが出ないようにしていきます。

施術後には、患者さんから「肘が伸ばしやすくなりました。いつも物を取ろうとしても痛かったのにびっくりです。」とお喜びの声もいただきました。

また「我慢せずにもっと早くきたらよかったです」との言葉もいただきました。うれしいことです。

痛みを我慢していると、症状が良くなるどころか、かえって悪化することも少なくありません。

皆さんも、肘の痛みを我慢しないで、お気軽に当院へご相談ください!

PageTop

メニュー

カテゴリ

当院概要

田原接骨鍼灸院

住所:〒502-0852
岐阜県岐阜市南蝉1-34

電話/FAX:058-294-0757

定休日



定休日は背景赤で表示。木曜日は午前のみの施術です。

おすすめサイト

新着記事



HOME - お知らせ - スタッフ紹介 - メルマガバックナンバー - 交通事故治療 - 患者様のよくある悩み - 患者様の声 - 施術・治療について - 自宅でのケア方法 - 転倒について - 骨について

当院概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - リンク集 - サイトマップ

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。